2011年1月31日月曜日

ボールがロッドに替わっても

相変わらず雨が降らず乾燥している。少々寒いが釣り日和の週末が続く。金がなく、仕事が忙しい。貧乏暇なしとはよく言ったものだ。この日曜もつぶした。

もっとも夜中にあったサッカーアジアカップ決勝を見たのでどっちみち早起きできなかった。予想外の優勝に驚きとともに感動した。決して強いと言えるチームではなく、どの試合で敗退しても不思議ではなかった。だが一戦一戦たくましくなっていった。団結力もさることながら闘争心の強まりが頼もしい。川島の好セーブや李の決勝ボレー、試合ごとに違う各ヒーローも光ったが、大会を通してザッケローニの采配が見事だった。交代で悪い流れをこれほどぴたりと変えた采配を見たことがない。就任以来8戦負けなしで、中東や欧州での評価もうなぎ昇り。協会は繋ぎ止められるか。初敗戦時も一つの分岐点になりそうだ。二つ三つと負けが込んでくるとメディアもすぐに手のひらを返す。若手が次々台頭してくるのも頼もしい。Jリーグを頂点とする下部組織の広がり、そのための地域密着方針が奏功している。俺がグラウンドを這っていた頃のマイナーさとは隔世の感がある。川渕の功績だろう。あれから30年余り。ボールがペンやクラブやPCを経て今やロッドになったが、執着心と集中力は往時と変わらない。二週続きの無釣行は久しぶりだ。来週は何とかしたい。

土曜は上さんのバイト面接に付き合う。ようやく借金をなんとかせにゃという気になったらしい。前進だ。二駅なので一人で大丈夫だと強がってもいたが、釣行をやめてよかった。いざとなると緊張で発作を起こしかねない様子だった。面接は手応え十分にこなしたらしい。そういうところはそつがない。が簡単な計算問題が出され半分も答えられなかったという。時間のプレッシャーと周囲がスラスラ解く様子に焦りっぱなしだったらしい。普段のほほんと暮らしているので“試験”となると極端に緊張することになる。らしいといえばらしい。算数は採用の前提条件だろうから、あかんやろ。焦らず次を当たることだ。

珍しく二男Kからヘルプ要請。課題提出に手こずり出費がかさんでいる様子。送金する。今頃になって趣味で稼ぐのは容易でないことに気付いたようでもある。だが苦汁をなめて勤めるのが必ずしも幸せなわけでもない。稼ぎが少なくても好きなことをやって暮らしていけるならそれに越したことはない。いずれにせよ、今はきっちり卒業することだ。就職難のご時世、中退では話にならぬ。そういえば長男Tは引越以来音沙汰がない。連絡してくるのは大抵ロクな事でないから、これはこれで何よりだ。