2011年2月6日日曜日

危うく坊主に金槌

大きく口を開けたまま昇天したヒラメ
このサイズだと味も食べごたえも良し
2011年2月6日(日)釣行
長福丸3号船
大原沖 水深15-30m 中潮
曇り 北東の風6-4m 波1m

ヒラメ 1枚 53cm 1.22kg

三週間ぶりに出撃。昨日も仕事で疲れ気味なので半日船で軽くと考えていたのだが、「アジはまだある。キスでもいいけど、ヒラメが良い」と上さん。「でも」と「が」では大違いだ。大原でのヒラメ狙いは初めてだ。14名が乗り込む左舷トモ2番。風が少々あり、厳しい釣りを覚悟する。まだ暗い5時半出船。備えに飲んだ酔止めが効いて吐くほどではないが、それでも久しぶりの乗船、うねりで気持ち悪い。協定が6時かららしく、秒読みを待って投入。

日が昇る前の暗いうちにと集中する。一流し目魚信なし。流し代えで潮下になった二流し目にガシガシと小さな前アタリ。ジリジリと待つが喰い込まず。渋い。次のアタリは二かじり目に軽く引き込む。一か八かと聞き合わせ。乗った。まずまずの型をゲットし、ホッとする。孫針に掛っていて、くわえ直しを待たない作戦が奏功したようだ。やはり渋そうだ。

先日食べたタイから初めて見つけた
タイ型の骨。本文とは無関係。
以降アタリなし。まったりとした時間が流れる。船長もしびれを切らしたか、深場に移動。ならば大型狙いとタナをあげる。いきなり竿先が引き込まれ、硬めのドラグが滑り出される。青物か?とタモ持つ船長と覗き込む。ゆらりと姿を見せたのは、1mほどのシュモクザメ、英語名ハンマーヘッドシャークだ。釣りあげてびっくりがっくり、千葉の沖合に居ることにびっくり。頭を金槌で殴られたような気分で沖上がり…。船中0-2、ボウズ多し。朝一の一枚が虎の子に。坊主頭にハンマーでなくて良かった。

マイロッド10マイリール3 PE2.5号
錘80号発光ラメ小田原型、深場は100号スカリー、ハリス6号80-60cm、捨て糸4号50cm