2011年2月20日日曜日

泳がすにはでかいスルメ

2011年2月20日(日)釣行
三喜丸 5号船
洲崎沖~沖の瀬 水深230-80m 中潮
曇り 北北東の風11-7m 波2m

スルメイカ 7杯 胴長25cm

スポットでヤリイカ泳がせをやると三喜丸Webで見て、タイかブリかヒラマサかと夢見る。予報も凪で楽しめそうだと、片舷7名と混む右舷ミヨシ3番。まずは餌にするヤリイカ釣り。洲崎沖に着いてびっくり、凪どころか10mの強風が吹き頭から波しぶきをかぶる悪コンディション。おまけに上潮が速くオマツリするだろうなーと思いながらの一投目、着底即ヤリイカの乗りを感知。幸先良かったが、巻上げ中に反対弦のサバに巻き込まれ、仕掛けグチャグチャ(._.) 続く二投目も乗せる、多点掛けの手応え(^-^) 今度はお隣さん二人とオマツリ、道糸の高切れでイカもろとも、仕掛け・錘・ヨリトリリングをロスト(-_-メ)

ならば波は高いがと捌きの良い直結に変更。オマツリほどきも楽々。すぐに3点掛け(*^_^*) でもスルメ。さらに重いのもスルメの4点掛けだったが、1匹海面バラシ。11時にイカをあきらめ泳がせに。釣れなかったので、船宿で準備していたヤリイカをもらって投入、…ワクワク。船中あちこちで船酔いダウンしているので、喰いさえすれば…、と期待度マックス。がアタらず。甘く見ていた波しぶきが、首筋・袖口から侵入、風も強く寒くて足がガタガタ。隣氏が喰い込ませたが、散々引き出された揚句、船底こすりでラインブレイク。風波が収まらず13時半に早上がり。船中ハモノなし、ヤリ・スルメはポツポツで終了。残念な状況と釣果だったが、強いうねりの直結でスルメの多点掛けを楽しめたことが成果か。それにしても寒かった。風呂で暖まりようやく生気を取り戻す。

ヤリイカ マイロッド1マイリール1 PE3号
11cmブランコ7本針、14・11cmミックス直結6-7本針、ヨリトリリング、錘120号
泳がせ マイロッド10マイリール2 PE6号
錘120号 胴突 ハリス8号100cm、捨て糸50cm