2011年2月27日日曜日

釣趣様々

3枚卸しにしたアジ10匹
ここまでしとけば後は楽
2011年2月26日(土)釣行 小潮
忠彦丸 17号船 LT午後アジ
横須賀赤灯沖 水深30-35m 波0.5m
晴れ 東の風5-1m

マアジ 20-25cm 40匹
イシモチ 28cm 1匹

「アジに行ってきて」と上さん。「え~、また~?この前のがあるやろ」「もうない。皆がツミレにして送れって」…どうやら旨い旨いとあちこちに話して引き手あまたになったらしい。こういうときは、近い・安い・短いの半日LTアジがありがたい。右舷8名のトモ2番に陣取る。

朝には最大17mも吹いていた風が、予報通り午後には凪いで暖かく釣りやすい。「午前はドッタンバッタン?」と船長に状況を聞いてみる。「それよりも魚の活性が低くて…」との答えどおり、喰いが渋い。潮が流れず強くシャクルとコマセが吹きあがってタナボケするらしい。良型狙いをテーマにしていたが、それどころではない。数を稼がなきゃ何言われるかわからぬ。柔らかい竿でソフトに撒き、誘ってようやくアタリを出す展開でポツリポツリ。後半にかけて潮が効きだすと活性も上りたまにダブルも。船中11-45の次頭。前回ビシアジとたまたま同数だが、タックルの違い・深場と浅場・活性の高低等から釣趣が異なる。いずれも“アタリを出す”楽しさを味わう良い釣行になった。

渋滞疲れしたのでアジを10匹だけ三枚にイシモチを二枚に卸して、釣具洗いを兼ねた風呂。さっぱりしたところで、イシモチ半身の刺身をつまみながら、早速アジのつみれ鍋。「アジ鍋旨いやろ」と自慢げに笑み満面な上さん、「明日残りのアジ全部卸してな、送るから」とのたまう。焼いたイシモチ半身を愛犬どもにやりながら、「めっちゃ旨い」と応じる。…お前はミキサー回しただけやろ、は言わず(^-^)

マイロッド5マイリール4 PE1号
貸し天秤・貸しビシ30号、クッション30cm後外す、1.5号2m3本針