2011年4月3日日曜日

でかヤリ乗り乗り

出船準備中の松栄丸
2011年4月3日(日) 大潮
松栄丸
布良沖 水深150-200m 波1.5-2.5m
曇り 北北東の風11-4m

ヤリイカ 44杯 胴長23-40cm
スルメイカ 1杯 胴長35cm
ゴマサバ 4本 40cm

前回のイサキとストックをばあばに送って冷凍庫が空っぽに。禁止令が解除され、早速ヤリイカに。勝山・洲崎・西川名と順番に足を延ばしたので、今回は布良に初釣行。こじんまりとした良い港だ。空いているかと思ったが、強風出船中止になった昨日からの繰り越しのためか、片舷11名と満船の松栄丸。左舷トモ4番。

特大のビニール袋で持ち帰り…
第一投、糸が送られず、???と手繰るとプラヅノ3番目から下が錘ごとなくなっている。何かに引っ掛かっていてのか、仕掛けの結びが弱かったのか…。気を取り直して二投、三投とアタリがでるが、巻上げ中・取り込み中にバラす。朝はサバが多かろうと直結でスタートしたのだが、ウネリが強い上に、左舷での取り込み動作に難がある。ブランコにスイッチ。いきなり5点掛け。

袋から出したイカ45杯
10杯残してお裾分け
さすがに南房総、型もデカイし、一流しが長くて、イカが広範囲にいる。多点掛けを交えながら、順調に釣れる。納まるはずの風が、逆に強まりうねりがどんどん高くなる。後半30杯を超えた頃から、二枚潮になりオマツリが増え、ウネリと相まり酔い気味で集中力が切れそうになる。アタリがあるのでなんとか持ちこたえて45杯で終了。船中14-73。密かに狙っていた泳がせは混雑で願うべくもなかったが、重量感たっぷりの大型ヤリイカ多点掛けを堪能。

10杯残して3軒に宅配。内心禁止令再発を恐れていたが、発動されず。が、今シーズンのヤリイカはもう充分だ。マルイカが立ち上がらない…。

マイロッド1マイリール2 PE6号 (型・数とも良いのでパワーのある3000選択。正解。)
ヨリトリリング、11-14cm直結6-7本針、11-14cmブランコ6-7本針、錘120号