2011年5月15日日曜日

マイ投入器デビュー

夜明けの間口港で出船準備の育丸
2011年5月14日(土)釣行 中潮
育丸
沖の瀬 水深170-210m
晴れ 南西の風3-12m 波0-2.5m

ヤリイカ 18杯 胴長28-38cm
スルメイカ 3杯 胴長28-33cm

先月は強風予報で中止になった月例の仕立て。マダイも候補だったが、釣り人・釣り船とも多い週末は釣果が悪かろう(実際喰い渋った様子)と、依然釣れているヤリイカで出船。若船長も「さすがに今月で終わりだろう、マダイは遅れたのでまだこれからいける」と言う。右舷ミヨシに陣取り、一路沖の瀬へ向かう。朝はサバが多かろうと直結で開始。スルメ一杯に次ぐ2投目、ズシズシと大型ヤリの5点掛けで気分最高。波風が出てきてサバも減ったのでブランコに切り替え。ダブルと単発でポツポツ追釣するが、11時に強風のため早上がり。舳先から波が流入する高波では止むを得ない。荒れる予報に酔い止めを使って正解。久しぶりの大揺れ、踏ん張りで体のあちこちが痛む。

スルメ混じりで21杯
このサイズの5点掛けは竿ギシギシ
自作投入器のデビュー。結果は上々、大満足。ツノを納めやすく、投入(発射)時の引っ掛かりも皆無で使い勝手抜群。船べりにパイプがなかったので釣座前のリングに固定していたが、揺れで暴れることもなく安定度も良い。一度、揺れで転がったタックルケースがぶつかり投入器が横転する一幕があり、期せずして強度・耐久性のテストにもなったが、破損もなかった。疲れた足取りで車との移動にも軽々で、竿を刺せるので運搬性も良い。改善するとすれば、まれにハリスが樋の隙間に入り込むことぐらいで、その防止に船宿ではシーリング剤を詰めているものを多く見かけるが、上部をテープ巻きするだけで良さそうだ。仕立て仲間の注目を集めた投入器、次は乗合のムギかスルメか。

マイロッド1マイリール2 PE6号
マイ投入器、ヨリトリリング、錘120号
14cm直結8本針 11cmブランコ7本針