2011年9月25日日曜日

激美味デビュー

人生初アカムツ5匹に多彩な外道♪
2011年9月24日(土)釣行 中潮
浜茄子丸 右舷トモ2番
波崎沖 水深120-140m
晴れ 東北東の風6-3m 波1m

アカムツ 5匹 30-32cm
メバル 2匹 25cm
ユメカサゴ 1匹 25cm
マアジ 1匹 30cm
マサバ・ゴマサバ 6匹 35-40cm

「こないだスーパーで1匹3800円で売ってたんやて」と、興奮気味の上さん。裾分けしたお隣さんに聞いたらしい。赤い魚体を一瞥して「気味悪い魚は要らんと言うてるのに」と、ついさっきの文句は忘れた様子。塩焼きを頬張り「しっとりー」、刺身を頬張り「とろけるー」とご満悦。「キンキと同じぐらい美味い」と本人にとって最上級の感想まで出た。

金沢出張で喰ったノドグロ。小さな切り身の塩焼きだが、これが美味い。なんとか釣れんものかと調べてみると、このアカムツ、通常は深場に生息して超とか幻がつく高級魚。だが、波崎では8~11月頃に産卵のため水深100-150mの浅場にくるのを釣れるらしい。タックルもビシアジ・イカ・ワラサ用が流用できて、小型電動リールで事足りるという。今シーズンは良い人で10匹前後と好調とか。これは狙わぬ手はない。初めての港・船宿で初めての釣り。プチ遠征は三連休の中日が好都合。前日、一軒目に電話すると予約で一杯という。ますます行きたくなる。すぐに二軒目に電話したら、ぜひどうぞと浜茄子丸。いつもの船着場は利根川河口だが、増水のため波崎新漁港に、と愛想良い説明が気に入った。

15人乗せた19トンの大型船。1時間ほどの沖合。胴突2本針に150号錘をつけただけのシンプルな仕掛け。つけ餌に配られるホタルイカ。胴の身を抜き外して、足と頭と内臓だけを使うのが興味深い。胴はタイノエみたいで嫌うのか?サバの切り身も有効とか。一投目から左右で釣れ上がり、船長がすっ飛んできてタモ入れ。口の皮が弱く、海面バラシも多いらしい。まもなく俺にもヒット。慎重に巻上げて人生初アカムツ。嬉しい。なるほど針穴は直径5mm以上空いていて、いつ針外れして不思議ではない。左氏は誘い、右氏は置き竿で、いずれも好調に釣り続けるので、参考になるが迷う。中盤着底直後のアタリで2匹追釣。サバかと思う引きが、元気なアカムツだったりするので、気を抜けない。誰かにアタリがあると、船中でパタパタと釣れる。小さな群れになっているようで、外れると、誰にも釣れず移動する。餌にボリュームを持たせ、べた底を維持して、時々誘うのが良さそうと気付いた終盤、2匹追釣。底をトレースする感じがヒラメに似ている。船中0-9。初挑戦で5匹は大満足。

ぜいたくにも二枚下ろしの一枚丸ごとの塩焼きを平らげて「あと何匹ある?」とご下問の上さん。「2匹」と答えると、「…」。無言だが表情がわかりやすい奴だ。「しもた。ばあばにもお隣さんにもやらんかったら良かった…」と顔に書いてある。

マイロッド14マイリール1 PE3号
幹糸8号枝ス6号ムツ18号2本針 錘150号スカリー