2012年5月27日日曜日

茅ヶ崎デビュー

2012年5月26日(土)釣行 中潮
このサイズのスルメは柔らかくて美味。
貴重な一匹、船の排水口から遁走…
一俊丸 左舷トモ2番
出船6:00 沖上がり13:00 帰港13:20
江の島沖 水深100m前後 波0.5m
晴れ 北北東のち南東の風1-4m

スルメイカ 10杯 胴長17-23cm
ゴマサバ 1匹 30cm

「江の島沖でムギ・ニセイカ好調」と上州屋の報。スルメイカの赤ん坊をムギイカ、子供をニセイカとこのあたりでは呼ぶ。これが始まると夏を感じる。船宿Webを確認すると、なるほど長井の各船も江の島沖へ出ている。終盤のヤリイカや、今年は良いと言われながら実はさほどでもないマルイカから切り替えた様子。自宅→長井港→江の島沖に逆戻り→長井港→自宅では、イカにも効率が悪い。相模湾沿いでは、葉山から平塚の間にある、いわば自宅から距離的には最も近いはずの各港に行ったことがない。

良い機会だと、茅ヶ崎港へ。一俊丸をチョイス。初めての港・船宿に行く時はいつも不安と期待が混じる。そもそも早朝に港や船宿を無事に見つかられるかが不安だったのだが、スマホのカーナビアプリで解消された。茅ヶ崎港は、サザンビーチに隣接してロケーションが良い。宿の雰囲気も気になるところだが、フレンドリーでサービスも良い。だが片舷10人船中20人のすし詰めには閉口。仕立てが入り乗合に一艘しかあてがえないところへ、好調を聞きつけた釣り人が殺到したらしい。快晴・べた凪、烏帽子岩を眺めながら江の島沖へ向かう船上、気分上々。

釣りにならないだろうと思ったが、オマツリは二回だけだった。二枚潮だが、イカ釣りにしては水深が浅いからだろう。だがノリは渋い。序盤こそポツポツ釣れて4点掛けも。潮止まりから下げ潮がになる中盤にはポツンポツンでなんとかツ抜け。反応はあるようなのだがノリ気がなく、サワるが掛けられない、掛けてもノリ浅くバラす展開。ドスドスしたスルメらしさはなく、まるでマルイカ釣りのようだ。誘いや仕掛けを変えて打開を図る、マルイカ用の浮きスッテブランコまで使ってみたが奏功せず。船中ポツポツ盛り返した終盤もタイミングが合わず、尻すぼみで沖上がり。船中1-29、ツ抜け半分、一桁半分。スルメが大きくなり過ぎないうちに再訪したい。船にはカツオ釣り用の散水配管があった。この夏メジ・カツオのデビューにも良いかも。

マイロッド2 マイリール1 PE3号
ヨリトリリング、錘120号
11cm直結8本針、同ブランコ7本針、7cm浮きスッテ5本