2013年1月20日日曜日

キンメデビュー

初キンメ10匹♫
2013年1月19日(土)釣行 小潮
国敏丸 右舷トモ1番 (左右各5人)
5:30出港 12:00納竿 12:45帰港
初島沖 水深220-350m 波0.5m
晴れ 北北西の風1m

キンメ 10匹 23-28cm
メダイ 4匹 35-45cm
シロムツ 1匹 20cm
カサゴ リリース

大きくしなる竿を立てて中錘を掴む。仕掛けは隣で竿を出す船長の道糸に絡んでいる。「先に魚を上げりゃあえっから」。船長の声にマツったまま10本針を手繰る。1、2、…計5匹。初島の沖合、水深220mから釣り上げた赤く輝くキンメ。これは楽しい。印象的なデビュー第一投に。ハリスを切ってオマツリを解き、新たな仕掛けにサバ切り身をつけて船据え付けのマグネット板にセット、次の投入に備える。待っていた船長は16本針から7匹のキンメと1匹のメダイを取込む。

以前からやってみたかった中深場。仕立てメンバーTさんのキンメ釣行に便乗。深場用のタックルがないが、リールは借りて竿は青物用で代用。「1番いいよ。…2番やって。…」と船長のアナウンスに従ってミヨシから順に投入。この日は5番に相当する大トモから様子を観察。船を後進させながら順に投入するので、皆若干後方に向けて投入するようだ。自らも投入を終えた船長の「はい、5番いいよ」に、200号錘を真後ろに投げる。マグネットに並べたサバの切り身が次々と宙を舞う。「5mほど底切って。ベタだと喰わねえよ」のタナ指示に従うと、間もなく竿先が魚信を伝える。船中で巻上げ音が響く中、追い食いを待つが巻上げタイミングがわからない。竿のしなりが深くなったので「もういいかな?」と聞くと、うなずく船長。巻き上げたのが冒頭のシーン。上方の針についたキンメに、「上げがたんねぇ」と船長。「糸フケ取るのを忘れた」の応答に笑う。船長を挟んで右舷胴間に入ったTさんの第1投もキンメ7匹。タックルがヘビーで敷居が高かった釣りだが、以外と簡単にズラズラ釣れた高級魚。思わず笑みがこぼれる。

快晴べた凪。このところ荒れた日が多く、久々の釣り日和。すぐ近くの初島の他、富士や大島を眺める。空気が澄んで、大島の奥の新島までくっきり。二投目以降は、多点掛けが船中で見られず、ポツリポツリと一、二匹ずつ拾う展開に。空気ばかりか潮も澄んでいるためか魚端反応に反して喰いが渋い。サメらしきに奪われることも。水深350mと深めも攻める。フケで400m以上道糸は出される。ガツガツと派手なアタリでメダイが釣れる。船中で型の良いクロムツも混じり、俺にはシロムツ。ポカポカ陽気に置き竿でのんびりする釣りも好きだ。メダイの二点掛けで終了。船中5-16。一投目以降日が昇るにつれて喰い渋ったが、デビュー戦ツ抜けに大満足。

マイロッド14 + 借用リール(ダイワレオブリッツ750)
ヨリトリリング中 中錘30号(船中統一) 錘200号(船中鉛で統一)
幹14号前後全長9-12m 枝10号前後60-90cm ムツ針17号前後 10-7本針