2013年3月17日日曜日

思いの外高波


疲れも貧果も吹き飛ばしたマダイ
 2013年3月16日(土)釣行 中潮
育丸(→井戸端丸) 左舷トモ1番(左3、右3)
7:00出港 14:00納竿 14:40帰港
沖の瀬-洲崎沖 水深80-110m
晴れ 南西の風1-13m 波0.5-3m

メバル 1匹 23cm
マダイ 1匹 1.5kg
アカイサキ 1匹 30cm
シキシマハナダイ 1匹 28cm
イサキ 1匹 23cm
オニカサゴ 1匹 23cm(6匹リリース)
ヒメ 多数カモメに贈呈

月例仕立て。沖の瀬で早春のメバルをアミコマセで狙う。シャクリ竿と置き竿の2本を出す。10時までめぼしい釣果なし。潮が澄んで早いためか、船中サバかウマばかり。泳がせる小魚も釣れないので置き竿につけたサバ身にオニカサゴがポツポツ喰ってくるが小型ばかり。右舷でポツンと釣れたマダイが光るぐらい。おまけに午後から南西強風の予報が早まり、みるみる波も高まってきた。ミヨシは無論のことトモでも腰が浮いてしまうこと度々。

幹事推奨仕掛け3-4号全長4-5mとのことなので、イシダイ用3号4m2本針にオキアミ餌で始めたが、全く反応がない。コマセになじんでいないと判断し、2.5号2.5mウィリー4本針に変更。途端にイサキやアカイサキ、シキシマハナダイがヒットする。置き竿の竿先反応を注視しながら、ゆっくり誘っていたシャクリ竿がいきなり絞り込まれた。引きの重さからイサキ類ではないと知れるが、間断なく引くのでデカいサバか青物と予想。いなしながらポンピングする。水面に顔を出したのはマダイ!50cm弱(後検量1.5キロ)の良型に慌てて自らタモ入れ。メバル反応を捜して苦労していた船長も「マダイ船は小型でイナダばかりらしいよ。どっちも本命はダメだが土産になったね」とホッとした様子。

小型ながら本命メバルも追加してもう充分というか波風に立っているのがつらくなってきた。12時を回ったころ「もう、いいんじゃない?」と早上がりを言ってみたが、聞き入れるメンバーではない。結局船長も時間一杯まで粘ってくれたが、操船にも相当疲れたろう。3mの波に帰路には、しぶきではなく波を丸々かぶることも。足腰背筋が痛みフラフラで船宿に。女将のラーメンで酔い気味は回復。期せぬ強風高波に疲労困憊だが、期せぬ良型マダイに満足な釣行。

シャクリ: マイロッド3 + マイリール1 PE3号
プラビシ80号、天秤50cm、クッション50cm、3号4m2本針→2.5号2.5m4本針
置き竿: マイロッド10 + マイリール8 PE5号
錘80号、天秤70cm、6号1.5m2本針