2013年5月12日日曜日

沼津デビュー

2013年5月12日(日)釣行 中潮
なんとか型をみれた
駿河湾のアカムツ

文吉丸 右舷ミヨシ1番(左2、右2)
5:30出港 11:00納竿 11:20帰港
沼津沖 水深150-230m 波0.5m
曇り 西北後南東の風 5-3m

アカムツ 1匹 32cm
シロムツ 1匹 15cm
ゴマサバ 2匹 37-40cm
カサゴ 多数リリース

アカムツの炙り握り寿司がすこぶる旨かった。もっと食べたいと言われ、片貝まで出向く気になったが、時化で出船しない。八景の新修丸は釣り教室で乗合休み。どこぞにないものかと調べて沼津に発見。初釣行。小さな船だが、釣り人3人で船長も竿を出す。曇って富士は見えない。思いの外船数が少なく、のんびりしたふんいきがよい

昨日からの雨も上がって良い凪だが、濁りがきつい。底潮も速くて150号の錘がすぐに吹き上げられる。やたらと小型カサゴが釣れて、時々サバやシロムツが混じる。厳しい状況だが、船長は天秤仕掛けで2匹釣り上げる。底ダチを頻繁に取り直して8時にアカムツ確保、ホッとする。終盤、潮が弛んだので、天秤用仕掛けを作って試す。胴突だと置き竿で底トントンにしがちだが、天秤だと必然的にタナを取り直すことになるので、誘いになって良いかもしれない。だが、やはり喰ってきたのはカサゴだった。

結局0-1、船中2匹(+船長の2匹で計4匹)と厳しい一日だったが、型を見れて良かった。外房・南房へ行くよりも近くて楽だ。以前旅行に来た時にはなかった土産物モールが港市場に並んで新たにオープンしていた。今シーズンの連釣は伊豆半島で一泊二日、温泉付きにしよう。

マイロッド1 + マイリール8 PE5号
錘150号 胴突3m3本針、天秤70cm4.5m3本針