2013年5月7日火曜日

連休最終日に

2013年5月6日(月、子供の日振替休日)釣行 中潮

表彰待ち。実質抽選待ち。
忠彦丸 第3倖運丸 左舷ミヨシ1-2番(左8、右8) 7:30出港 13:30納竿 14:10帰港
横須賀沖-観音崎沖 水深40-80m
晴れ 南西の風4-9m

マアジ 5(4)匹 23-30cm
シロギス 2(2)匹 18-22cm
イシモチ 4(2)匹 25-32cm
メバル 2(1)匹 20-22cm
マサバ 0(1)匹 40cm
小型カサゴ他 リリース

上さんの今シーズン初釣行。アジにするというので、忠彦丸のゴールデンウィーク向けLTアジ釣りイベントに申し込み。何がしかの抽選景品目当て。連釣で少々体がきつかったが、実釣5時間弱だし、今日も快晴だし、のんびりできれば良い。と考えている行きの車中、一匹の重量勝負のお申し込み。例によって、お上が勝てば金5千円だが、負けても犬の散歩4回。まぁ、よかろう。

二人分の釣果。充分すぎて
イシモチとメバルは贈呈。

隅が良いと言うので、2隻のアジ船で唯一空いていたミヨシにしたが、潮向きは不利。上さんが1投目からキスをダブルで釣り上げ嬉しそう。「今日はアジ釣りだぞ」と俺も早々にアジ確保。LTにしては型を狙った深場で、しかも潮が速くなってきたので、アジを釣るのは簡単ではない。イシモチだのメバルだのと五目釣りの様相を呈してきたが、これはこれで楽しい。上さんには外道以外の何物でもない上に、狙いは俺との勝負に勝つこととあわよくば大会入賞らしく、アジ以外が釣れると舌打ちする。それを横目に俺には30cmのアジが釣れて、落胆させる。終盤、何やら重そうに巻き上げる上さん。タモをスタンバイして「逆転の大物か?」と聞くが、応答する余裕はない。水面を割ると同時にタモ入れ。「サバやー」「なんやー」と二人で同時に発する。リリースしようとする上さんを「それ、ゴマでなく、マサバや」と制して、沖上がり。

入賞は望むべくもない釣果だったが、抽選で俺には竿掛け、上さんにはスパ無料券が当たった。参加賞の味ノリが嬉しい。それでも「(スパ券は)普通ペアやのに、一人分やん」だの、「(入賞景品の電動リールや竿を見て俺に)もっとまじめにアジ釣らな」だの、文句を欠かさぬ上さん。体調や気分から前日までキャンセルしようかと迷っていたが、「でも楽しかった。来て良かった」の一言が全てを物語った連休最終日。水差す「散歩忘れるなよ」とは言えず黙って実行してくれることを祈る…。

ジャック: マイロッド7 + マイリール7 PE1号
天秤70cm(短いのがなく) 金ビシM40号 1.5号3-2本針
上さん: マイロッド12 + マイリール4 PE1.5号
天秤30cm クッション30cm 金ビシM40号 1.5-2号2本針