2014年5月10日土曜日

悪草苦闘

今年のGWは曜日の並びから前半と後半に割れた。後半の5月2日に休みをとって5連休にしたが、すでに記したように釣行は3日の仕立てのみだった。他の休日は荒れ放題になっていた家周りの清掃、クローゼット遺品の整理、そして墓探しに終始した。

家周りの清掃は、主に雑草むしりとプランターの廃棄だ。実は4月29日に始めたのだが、ポーチの雑草をとり、植込みの落ち葉を払い出し、隣家から侵入して壁に到達した蔦をむしった時点でギブアップ。久しぶりにスクワット運動をしたようなもので、翌二日ほどはモモが痛んだ。2日になって庭の草取りを済ませたのだが、40Lのごみ袋で都合二杯もの雑草・落ち葉に。雨を待った6日に雑草薬を撒いて一段落。

往生したのはプランター。大中小、丸形や長方形の様々なものがごろごろ20近くもあった。いったいいつの間にこれほどまでにため込んだのか。駅前まで散歩しては気に入ったものを買い足していたのだろう。しかし草花が植えられているものは皆無で、枯れた根と土が入っているだけか、打ち捨てられて雨水が入っているかのいずれかだ。元気な頃にきれいな草花を育ててはニコニコと喜んでいたのを偲ぶ。この10年ほどは活けたいのが思うように体を動かせずだったのだろう。愛犬クロベエが掘った穴をプランターの土で埋める。蚊取り線香置きに使えそうな3枚の受け皿のみ残して、全て廃棄。芝生もすっかり傷んでしまったが、3歳児が大きくなるまでは貼り直しても無駄だろう。かつて一時使った人工芝を敷き直して土汚れを防ぐ。すっきりした庭、通路、ポーチを展開から眺めて喜んでいよう。