2014年5月11日日曜日

悪イカ苦闘

出船準備の喜平治丸の向こう
房総半島越しに日が昇る
2014年5月11日(日)釣行 中潮
喜平治丸 8号船 左舷トモ5番(左11、右11)
5:30出港 12:45納竿 13:05帰港
城ケ島南沖 水深50-30m
晴れ 北東の風3-0m

マルイカ 8匹 胴長10-15cm
ムギイカ 9匹 胴長10-17cm

週半ばに城ケ島沖でマルイカが釣れ出した。イカが湧くと人も湧く。快晴凪予報に急ぎ間口港へ。2艘とも空き席が2-3か所というところへ滑り込む。満船で乗れない人もいた。城ケ島沖を探索しながら西進。イワシが回遊して鳥山が大きい。地元の他に佐島や長井の船も集結している。

このサイズだと
おちょくられる
朝の二投でムギの一荷とマルを掛けてまずまずの滑り出し。ところが徐々にサワリを感じるが掛け損いが増えていく。久しぶりの感覚についつい夢中になる。掛けても巻き上げ中にバレて天を仰ぐ展開に。ムギもマルも小さいのでタイミングよく掛けないと取り込めない。

それでもなんとか序盤にムギをポツリポツリ追釣。中盤以降探索クルーズが長く多くなったが、飽きない程度にマルイカが釣れる。終盤はノリも悪くなったので、ブランコでポツリポツリ。都合17匹は型が小さいこともあって少々物足りない釣果だが、二年ぶりにマルイカに遊ばれて楽しい釣行に。二艘で船中9-75。腕や技で違いの出る釣りだ。

バイオインパクトマルイカ165M+幻風 PE1号
錘40号+直結・直ブラ5本針、錘50号+ブランコ5本針