2014年8月3日日曜日

釣り・花火リレー

キメジ・カツオのエサ釣りの解禁を迎えた。すっ飛んで行きたいところだが、8月2日(土)は横須賀花火大会の観覧船だ。夏の恒例行事になっていたが、上さんがいなくなって帰りの運転手もいないし、今期は無しだろうと考えていた。ところが、昨年連れていった孫娘Hがまた行きたいと言い出した。

よほど印象に残っていたのだろう、4歳児にせがまれると勝てない。結局次男K夫婦と併せ3人を連れて行く羽目に。問題は帰りの足だ。飲んで車に乗るわけにはいかない。かといって飲まずして花火観覧する気にもなれない。電車で帰ると車の倍の時間がかかり、帰り着いた頃にはのびてしまう。そう言えば、長男Tが運転したがっていた。「帰りの運転するなら、花火船乗船料は俺が持つ」と誘ってみると、即乗ってきた。

結局総勢5人で観覧。キハダの乗船代が飛んでしまう額だ。酒代・食事代も併せ全てを負担する。自分たちの乗船代を捻出できなくてあきらめかけていた次男夫婦だが、その独立心があればそれでよい。恐縮するので「礼なら上さんに言いな。私が誘ったんだから全て出してやってと、去年も言うとったから、そうしただけだ」と応じる。初体験の長男も感じいっている様子で、リピータになるだろう。好きだった花火船に皆が乗船して上さんも喜んでいよう。昨年よりも観覧船が減ったように思う。花火そのものは震災以降の控え目さが徐々に戻されてきた印象だ。風がやや強かったが、波なく涼しく快適、ビールがうまい。午後暑かっただけに尚更だ。そう言えば昨年は、乗船前もせがまれて皆してシーパラダイスだったな。今年は一昨年同様、午後シロギスに単独釣行してから花火船に乗り継いだ。

2014年8月2日(土)釣行 小潮
弁天屋2号船 左舷トモ1番(左3、右3)
12:30出港 15:55納竿 16:30帰港
第3海堡沖ー中の瀬 水深20m前後
晴れ 南南東の風4-7m 波0.5m

シロギス 35匹 15-23cm
マアジ 1匹 30cm
ホウボウ、トラギス、カサゴ リリース

一昨年同様、釣り客少なく余裕の釣り座でのんびり釣行。二本竿に飽きない程度にアタリがでる。快晴で日差しが痛いぐらい暑い。久しぶりに第3海堡近くまで来たが、護岸工事がかなり進んでいた。この人口島は何に活用されるのだろう、と思いを巡らせている間にも、キスの小気味良いアタリがでる。花火大会時の常で若干早上がり。船中15-35。なぜか花火の日に乗ると竿頭になる。先週の釣行では魚信そのものが味わえなかったので、引きを堪能。

ミサキライトマスターII-180 シマノ炎月C3000 PE0.8号 1号80cm2本針
シマノライトゲーム64 シマノ幻風 PE1号 1号胴付1本針