2014年8月31日日曜日

これぞイカ釣り

久しぶりの好釣果
2014年8月30日(月)釣行 中潮
平安丸 1号船 左舷ミヨシ1番(左7、右7)
6:30出港 14:00納竿 15:10帰港
初島南沖 水深100-120m 波1.5-1m
雨のち曇り 北東の風10-7m

ヤリイカ 50匹 胴長20-25cm
スルメイカ 1匹 胴長30cm

マグロ模様をサーチしていて、平安丸のヤリイカ釣果情報に目が留まった。「南沖でヤリイカ好調、ただし9月1日から禁漁」。冬~春の釣り物のイメージが強かったが、長井港はら丸の女将が8月初旬に「昔はこの時期江の島沖でヤリイカいたんだけどねぇ」と言っていたのを裏付けている。マグロは退屈だし、(絶好調になった)ワラサは先週とりあえず顔見たし、で早川港へ急行。道中結構しっかりした雨が降るので早めに出るまでもなかったかと思いきや、3艘も出すヤリイカ船はいずれも満船。皆考えることは同じらしい。

直結で始めた一投目から3点掛け。なるほど良さそうだと思ったのも束の間、その後数投は巻上げ中や海面でのバラシが続く。この日波が上下動に増幅されるミヨシで直結は難しいと判断、ブランコに変えて海面バラシを防止する。取り込めるようになったが、単発が多い。イカは小型で、身切れした柔らかい足がツノに残る。そこで速度を普段より下げて、巻上中バラシを防ぐ。これらが奏功したのだろう、周囲が苦戦する中、ポツリポツリと投入毎に追釣。アタリをとって掛けて、注意深く巻上て取り込む釣りを堪能、気が付けば11時を回っている。

後半はアタリが遠のく。ノリ渋りだがもう30杯以上取ったので充分とのんびりする。ここでは一流し南投もできて、のんびり感が良い。釼崎沖では群れが小さく移動も早いので一流し一投のStop&Goの連続だ。次投に向けて準備に忙しく、誰よりも先に着底しないとアタリを取れないので、緊張感が漂い、時には殺気立つ。初島沖ではそんな空気とは無縁で、沖竿でアタリを待つ人も少なくない。いくらなんでもそれではイカは釣れないのだが…。

それにしても、誰にもアタリがないのに流し変えないのはおかしいなと考えていると、「下ばかりでなく、10m位上まで誘って」の船長アナウンス。「しまった、群れが浮いていたのか」とピンときた。通常ヤリイカは底に張り付いていることが多く、乗るツノもほとんど下のほうだ。その印象が強くて底べったりで狙っていた。そういえば、朝から上のツノにも乗っていた。誘い上げると案の定ヒット。これで再びスイッチが入る。誘い上げの他、底上20mほどからの落とし込みも駆使。周囲が首を傾げる(思うに道糸が太くて小型ヤリのアタリを取れていない)中、一人毎投アタリを引き出して追釣。終わってみれば船中4-51。10~20杯代が多い中でダントツ。3艘(他船は8-47と5-38)全体でもトップ。数の自己記録も更新。釣果よりも中味として、久しぶりに釣りらしい釣りができて大満足。帰りの車中「どないすんの、こんなに~」とこういう日は言われたのをふと思い出し、あわてて引き取り手を探す…。

シマノBJSヤリイカノリ調子160+B、フォースマスター2000 PE3号
錘120号 11cm直結8本ツノ 11cmブランコ7本ツノ