2014年8月10日日曜日

相模湾クルージング

2014年8月9日(土)釣行 大潮
育丸若船長船 右舷ミヨシ1番(右4、左3)
5:30出港 11:15納竿 12:30帰港
相模湾一円 波1mうねり3m 
曇り 北東の風5-10m

キメジ・カツオ 0

月例仕立て。キメジ・カツオ。台風11号が九州・四国に接近中だが、相模湾に大きな影響なしとみて強行。間口港出船は育丸の他に喜平治丸と健洋丸ぐらいでガラガラ。他港のほとんども出船中止しているが、乗船したことのある数隻とは相模湾で出会う。雨は予想通り降らず、風は予想ほどには吹いていない。沖に出てみると長周期のうねりは入ってくるが、波穏やかで凪といっていいだろう。こういう日に数少ない船に乗っていれば、マグロに出会える確率も上がるだろうと期待して相模湾を探索。

探索クルージング。鳥の集団は時折見かけるのだが、ナブラがない。探索クルージング。船長はソナーを使って西へ東へと探るのだが、反応がない。探索クルージング。前夜眠りが浅く、海が荒れるだろうと予想して酔い止めを誤って2粒飲んだからか睡魔。探索クルージング。強くなってきた風を受けながらナブラを探すが見つからない。探索クルージング。ウトウトしていたら、急停止、「はい、いいよ、40m」のアナウンスで初投入。10時。周囲に4,5隻。やっと群れが見つかったかと期待したが、タナに卸したころには船団も離散。一流しで、また探索クルージング。11時にこの日二度目の竿入れするが、入れただけで11時15分納竿。結局二流しタナ取り5回で船中釣果なし。一日探索クルージングで終了。

帰宅後、来週別船で再戦するかと、相模湾で見かけた他船を調べてみた。どこも同じだった様子で、この日マグロをアテた気配なし。探索船の選択の問題ではなく、こうなると別の不安がこみあげてくる。まだ、マグロは湾内にいるのか、早くも出て行ったのではないのか…。心理的疲労をぬぐうべく、仏壇に「クルーズだけで釣れず。マグロいないかなー」と報告。急に今度は体が重くなった。風に打たれっぱなしだったからか、肉体的疲労が噴き出す。かろうじて洗濯・入浴・釣具清掃・食事を済ませて熟睡。

シマノ BJSアオモノM-200改 オシアジガー5000P PE8号
サミーマグロスペシャル天秤ビシ80号
16号1.5m1本針(オーナーカツオ) 20号4.5m1本針(オーナームツサークル1/0)