2015年4月26日日曜日

選択ミスは何に

船宿土産が豪華
2015年4月25日(土)釣行 中潮
平安丸 8号船 右舷ミヨシ2番(右7、左7)
6:30出港 14:30納竿 15:00帰港
小田原沖~真鶴沖 水深40-80m
晴れ 北東の風2-5m 波0.5m

ムギイカ 6匹 胴長15-20cm

貧果でも晩酌にはちょうどいい
東伊豆でもムギイカが始まったと聞き、昨年の楽しい釣行を思い出す。昨年は内容良く84匹も釣って裾分けに苦労したので、今年は釣れたら飲食店にもらってもらおうと目論む。最近の釣果を調べてみると真鶴の宿が高位安定、小田原の宿はパッとしない。真鶴に行くつもりでタックル準備。金曜夜の宴会終了後そそくさと帰宅したが、遠く朝早い真鶴に行くには睡眠時間が不足。まぁ小田原でもなんとかなるだろう、昨年爆釣も同じ宿だし、と予定変更。

べた凪は久しぶりだ
1投目から1匹取り込んだが、反応の少なさを予感。群れが大きく濃い日とそうでない日は投入前の操船で類推できる。探索や位置決めに時間をかけるこの日は後者。2時間弱で3匹。平素は数を伸ばす手釣り組も苦戦。要するにイカが少ない。飲食店に持ち込みは早々に諦め、息子家族に喰わせるイカの確保に目標を大幅下方修正。この言葉、今にしてみれば業績目標の下方修正を思い起こさせるが、仕事のことは露とも思い起こさせないのが沖釣り船上の最大の魅力だ。南へ転々とポイントを探る船長。船中で空振りやポッツンが続く。誘いや仕掛けを変えてあれこれ試すが奏功せず。イカがいないのではイカんともしがたい。

出船前。この時間が好きだ。
後は濃い群れに遭遇するか、活性の上がる時合に期待するしかない。幸いなことに、快晴でそよそよの風。暑くも寒くもなく気分爽快。探索・移動中ウトウトしたり、SNSを楽しんだり。投稿やチャットをこれだけ楽しんだ船上は初めてだ。元来忙しいイカ釣りで、スマホをいじっていては釣果は出せない。しかし、これはこれで船上の楽しみ方の一つだな、と妙に清々しい。イライラしたり、焦ったりすることがなくなった。沖釣り経験を積んだからか、年のせいなのか…。

ザルからあふれるはずが…
結局濃い群れも時合もなく、6匹で終了。船中1-19。普段裕に100を超える手釣り師でも20に届かないのだから船宿にとって最悪の日になった。小田原名産のアジの開きをお土産に持たせてくれる、しかも冷凍品ではなく新鮮な干したてを5枚も。真鶴の宿も伸び悩んだようなので、結局この日のこの釣り物を選んだことが失敗ということに。同じタックルで剣崎のマルイカか、そうでなければ洲崎のヤリイカ、久里浜のマダイのほうが釣りとしては楽しめたろう。釣り以外の船上の楽しみ方を発見させてくれた天候に感謝。

シマノバイオインパクトマルイカ165M + シマノ幻風 PE1号
錘50号 スッテ直結・直ブラ5本
錘60号 11cmプラヅノ直結8本