2015年11月3日火曜日

最後の大物?

ギトギトの油こげ。…落とせるのか?
11月3日(火、休)文化の日。秋晴れだ。前夜深酒せずに釣りに行けばよかった。凪で気持ちよかったはず、釣れても釣れなくても。いつも(5時)より朝寝したがそれでも7時にはもう眠れず、起き上がる。プラのゴミを出す。量が極端に減ったので、ゴミ箱も一つ空けた。鮭の塩焼きで朝飯にしようかとコンロを開いてびっくり。ロースターの内外に真っ黒な油コゲがびっしりへばりついている。忘れてた!こりゃあいかん。キッチン清掃時に一度気付いたが後回しにしたんだった。サイズは小さいが、汚れ具合としてはこの家最後の大物かもしれない。

窓が透明だったとは…
油汚れを素手で処理すると、手もギトギトになった後ガサガサに荒れる。ここ2か月の雑巾がけで傷んだ手指。歳を取ると脂分が抜けるとなかなか自然には回復しない。ハンドクリームでようやく回復してきたところだ。ゴム手袋をはめる。ロースターを取り出して分解。中性洗剤をまぶしたスポンジとカネたわしで張り付いた油汚れやコゲを落とす。丸々太っていた網のコゲは落としきれなかったが、それでもずいぶんすっきりした。黒色だと思っていた前扉のガラスは、実は透明で焼き具合が外から見えるものだった…。

内庫も油まみれで、真っ黒なコゲカスがゴロゴロしている。ふきんでそれらを拭い取る。内庫は油分解コーティングが施してあるらしい。トレイよりはきれいだが、清掃を怠るとコーティング性能も発揮できないだろう。取説に従って、水をはったロースターを入れて空焼きする。内部もツヤツヤになった。ついでに電子レンジの内部も清掃する。「チンしてふくだけ」なるグッツでなるほど内部の汚れが簡単に落とせる…通常1回で済むところ、2回実施したが…。綺麗になった。鮭を焼いて汚したくなくなった。今度にしよう、釣魚と併せて。