2016年5月5日木曜日

久しぶりの団欒

しっかりしてきた孫1号に、
盗み食いを企む孫2号
次男K一家がやってきた。久しぶりである。昨年夏に自活を促して早くも8か月が経過した。目的はもんじゃ焼きとお好み焼き。外食にいけないらしい。そりゃそうだろう、稼ぎが悪い。たらふく喰わす。買う金が無いというので、お土産に米まで持たす。

30数年前、俺たちもそうだった。違いは近くに甘えられる人がいるかどうかだけだ。俺たちにはいなかったが、こ奴らにはいる。当時の厳しさには耐えられまい。うまく甘えながら自活の術を開発してゆけばいい。次男Kも嫁Aも焼肉にしたかったようだが、孫1号Hがもんじゃ・お好み焼きを引かなかったらしい。

孫1号は大きくなった。利発さは相変わらずで心配無い。孫2号も1歳にしては背が高く歩き廻る。二人ともふっくらしているし、飼い犬のココがコロコロしているので心配ない。なんとか生活していける証拠だ。負けるなと乾杯し、また来いと盃を交わす。踏み出したのは間違ってはいなかったろう。日中墓掃除してやった上さんも泣きながら飲んでいるに違いない。