2016年5月8日日曜日

大仏で大鯛

育丸WEBから。ドーンと1匹目
2016年5月7日(土)釣行 大潮
育丸 若船長船 右舷トモ1番(右3、左4)
5:30出港 12:30納竿 13:00帰港
剱崎沖 水深60m 波2-1.5m
曇り後晴れ 西南西の風 14-9m

マダイ 3匹 2.5Kg、1.5Kg、700g

月例仕立て。マルイカには早く、先月に続きマダイ狙い。乗っ込みマダイが剱崎でも久里浜でも好調。前夜降った雨は上がったが、風が強い。先月に続き苦行釣行。あえて酔い止めを飲まず、頻度が下がっても体を慣れさせようとしたが、終日酔い気味だった。次回からは無理せず薬に頼ることにしよう。

育丸WEBから。サクッと2匹目。
育丸WEBから。
釣果全部写すのが若船長流?
序盤、強い引き込みを見せたのは2Kgオーバーの大ダイ。黒々としたのっこみ色のオスだ。中盤、さらに強い引き込みを見せたのは、真っ赤な美しいメス。サイズはオスほどではなかったが、引き込みの強さと粘り強さは、やっぱりメスのほうが上か。2Kg前後が揃ったところで、もう十分とSNSに写真をUp。

「釣れたら連絡して」と言われていた同僚Trさんに知らせる。写真をみて「嫁とともに相伴を希望」とのことなので、料理店へ持ち込んで晩酌を即決。家に食べさせる人がいなくなって、捌くのが砂漠のようなので、受け取ってくれる料理店はありがたい。そこまでは良かったが、「塩焼きを食べたい」とのご要望。2匹とも塩焼きにするには少々大きいので、小型の追加を狙う。
酔った仕上げにタイ出汁のソーメン

大皿からはみだす大ダイ
型が欲しいと願うときには良く釣れる小型だが、小さくていいからと願うとなかなか釣れない。右舷の前二人がタックルをすっかり片付けた最後の流し。あきらめかけたところに、竿先に小さな魚信。すかさず合せると小気味良い引き込みにマダイを確信。取り込んだのは期待通りの塩焼きサイズ。大中小のマダイを揃えてハッピーな納竿。

日本一の大仏
巨大な石仏と地獄のぞき
船中1-5。土曜日のマダイ釣りで7人全員ゲットは珍しい。一日トモからミヨシに流れる潮で、トップも右ミヨシのYさん。最後の一人になった左トモのTkさんも、残り20分になって確保して、思わず拍手。船団からやや離れたポイントで一人賭けた若船長。親父船や僚船をも呼び寄せた活躍と成長ぶりを帰港後話すと、大船長も嬉しそうだった。

しばらくご無沙汰していたが、持ち込みを快く引き受けてくれた料理店。大皿で供された姿つくり。腹側と白子や卵は煮つけに。小型はもちろん塩焼きに。合間に、豆腐や筍、野菜の小鉢も出してくれる。それらにあう日本酒を選んでくれるので、杯が進む。仕上げには、タイのアラでとった出汁でニューメン。来れなくなったTrさんの上さんに代わって、何人かに連絡するとSさんが参入してくれた。3人で至福の晩酌を交わし、気が付けば4時間も居座っていた。

鋸山山頂から東京湾を望む絶景
型を揃えてタイを3匹も釣れたのも、前日の日本寺参りの御利益かもしれない。日本一大きい大仏にも驚いたが、石切り場に刻まれた巨大な石仏や地獄のぞき、残された巨石の崖にはさらに驚かされた。小高い丘だろうと思っていたが、急峻な山で日本寺一周するだけで、距離も高低差も半端ではない。膝がくがくでお参りした甲斐があったというものだが、次に訪れる時があるとすれば、ロープウェイか、有料道路・駐車場を使って山頂近くまで、歩行に頼らないルートにしよう。

シマノBJSミヨシ255+B + シマノフォースマスター2000 PE3号
天秤70cm プラビシL80号 クッション1.5m
二段テーパー6号6m+4号4m 1本針