2008年12月7日日曜日

しめ鯖アジフライ定食

←Before
←After


12月6日(土) 晴れ 強風 波1m 小潮
忠彦丸 半日ビシアジ 横須賀沖40m
アジ8本24cm-35cm、サバ4本、キス1本、不明1枚。カサゴ、トラギス2本リリース。

前回分を長男に持っていかれてしまい、好物アジフライを食べれなかった上さんの指令。風予報が悪く午後は時化そうなので午前に。混む走水を避けて久しぶりの忠彦丸。数釣りならLTだがこれも混む、泳がせOKにあわよくばと、ビシアジ。

6名の右舷ミヨシに着座、定刻7:30河岸払い。猿島のすぐ北。ここまで来るなら走水沖まで行ってもよさそうなのにと思うが、漁場の協定でもあるのだろうか。「小さいけど型でたよー。」と船長。船中初顔をあげたのはうれしい。が、実はコマセ替えの早巻きについてきたもの。よくバレなかったなーと感心すると同時に、アタリがわからなかったと反省。竿先に集中。良型含めて前半ポツポツ釣れる。後半はサバも多く、流し替え繰り返す。潮どまりで食いも渋い。小型を生かせておいたが、波風強くて泳がせる気になれない。いや、フライ分の数確保せにゃ何言われるかわからん、とポツポツ追加。少々早上がり。船中3-11。

左上が魚種不明。イサキのような姿だがタイのように赤いので、ウマいかもととりあえず持ち帰る。サバは船上でアタマとワタを落してカモメに贈呈。帰りの渋滞もなく午後のんびりできるのがよい。久しぶりにシメサバ、ウマい。アジはでかい2枚を干物に、残りをフライに。表面カリッと中身はフワフワ、ジューシー、全くの無臭で苦味なし。もうそこらの店の物は食えない。「高級ステーキ店に行くより、こっちのほうがいい。」とたらふく食った上さん。うまいこと乗せやがる。