2008年12月4日木曜日

正月用マダイ


ワラサ用のでかいクーラーボックス。イナダも釣れなかったが一面のマダイ。赤いのが並ぶと美しい。

12月4日(木)晴れ、凪、小潮。
ムツ六船釣店、久里浜沖60m前後。マダイ8枚、0.4kg-0.7kg。サバ2本。ソウダカツオ多数リリース。

上さんの3段表彰を言い訳に休暇取得。2連続ボウズ中のマダイ、年内にリベンジしたい。前夜釣果確認、好調だった久里浜が渋った模様。好調な平塚のアマダイにしようかと迷う。行かずに好釣果だと悔いるから、と言い聞かして6時過ぎムツ六釣船店へ。

2艘出るけど空いているほうへと大船長。すなおに6人だけの“別船”の左舷胴の間に着座。正解。塩焼きサイズながら8枚爆釣。過去2枚だったので数では自己新記録。型の記録0.96kg更新は来年へ持ち越し。

船の標準6m、1本バリ。船長の棚指示は底から5-6m。ともに素直に従う。これが奏功したのだろう。7時開始後8時半までに3枚ゲット、10時までに5枚に。こりゃ~久しぶりの竿頭か~?。好事魔多し。その後ばったり。左隣トモの常連さんが次々かけているが、こちらにはあたらない。タモ入れしながらタナとハリスの太さを聞く。連続ハリス切れしたから、ついに3号まで太くしたよ、タナは5m、と親切。ハリス3.5号を使っていたが見切られたかと、まねて3号に変更。が、依然アタリなし。潮がそんなに速くない割にはコマセからつけ餌が離れている気がして、ガン玉を針から1ヒロに。正解。タナ取り中にヒット。3枚追加で終了。

船では0-9、船中30枚。竿頭9枚に次ぐ2番手。これだけ好調でもボウズは出る。しかも相当なベテランとのこと。自ら作った迷いの森に入り込んだらしい。“本船”のほうは0-4、船中20枚だったので、“別船”船長もうれしかったのだろう、「マダイが入れ食いだよ」と僚船との無線会話が聞こえていた。

本日の結論 : 船宿・船長の言ううことには素直に従え、初心忘れるべからず。
これまで2段テーパー仕掛けや長いものを自作するなど工夫し始めてから自ら不調にしていたらしい、要するに。それとも今日は単に幸運だっただけか・・・。いずれにせよ、釣りは素直が一番!

表彰受けた上さんと、式に初参加した長男の内定と、自らの明日の誕生日と、三重の祝いに良い土産になった。久しぶりに三人で飲食、うれしくて酒がすすむ。
やっぱりマダイは平日に限るかな~。