2008年12月28日日曜日

ライトウィリー

12月27日(土) 快晴 大潮
庄治郎丸 ライトウィリー 7時―14時
大磯沖 20-50m 凪
マアジ13本、20-35cm
マルアジ8本、30cm
カワハギ1枚、メバル2枚
サバ他 リリース


職場の先輩Mさんが久しぶりにと。ボウズは嫌らしくマダイはパス。ヤリイカは波風強そうな予報なので回避。ウィリーなら少なくともアジは釣れるしもしかしたらイシダイやハナダイも、と平塚・庄治郎丸を予約。防寒対策心配していたが、風なく凪で快適な釣行。


船長の説明が丁寧でよい。開始早々マアジがポツポツ、型の良いものも。Mさんはウィリーが初めてで苦戦。予習はしたがコマセワークがうまくない。見かねたか、中乗りさんが良ければ一度お見せしましょう、と。いきなり3本針にパーフェクト、さすが。同じタックル、仕掛けでこうも違うものかと関心。リールが小さいのだろう、1シャクリで2巻きにしていた。


喰いが渋ると小移動を繰り返し、途中マルアジの入れ食いも。Mさんも慣れてきてポツポツ釣るようになり一安心。少々飽きてきたので小さいマアジを下針に引っ掛けてハモノ狙い。小さく暴れるのでマダイかヒラメかと喰いこみを待つが不発。二回目はマアジがはずれたのか持っていかれたのかきれいさっぱりいなくなった。と、慣れたMさんがイシダイ連発。やっぱりまじめにやっときゃよかった・・・、で沖上り。


ボウズ前提に娘さんが夕食準備しようとしていたと聞き、カワハギとメバルを贈呈。マアジ・マルアジ・イシダイ・マサバと合わせて6目、面目躍如しただろうか。さばくのに相当苦労するのは間違いなかろうが・・・。