2009年12月7日月曜日

スリルとサスペンス

2009年12月7日(月) 中潮

三喜丸 7号船
久里浜沖 水深55-60m 曇り
波1.5m-1m、風北東9m-5m

マダイ 3枚 400g-600g
イシダイ 3枚 300g-500g

昨日ブログをUp後、仕事状況を確認、問題ないので今日の釣行を思い立ち、休暇を連絡。夜、日曜のマダイ釣果チェック、どこも散々。4連ボ中だし、風もありそうだし、止めようかと迷う。マダイブログをみていて長らくご無沙汰な船宿に気づく。平日で三喜丸なら釣れそうな気がする。

3名の大名釣り。久里浜沖も周囲には3艘しか見えない。「55の50」と船長がスタートのアナウンス。すぐにヒット。慎重にやり取りしていると、ガッガッ、プツン・・・。な、何だ?ドラグゆるいのに?とチモト付近でスパッと切れたハリスを眺めていると、船長「サメがいっから、アタリが出たら竿掛けのまま高速で巻き上げて。」・・・って、そんな釣り、聞いたことないよ。

直後にまたアタリ。すぐに電動オン。おっと、すっぽ抜け・・・。次のアタリは竿で聞き上げて針掛りを確認後電動オン。すぐにプツン・・・。2.5号ハリスでテンション掛け過ぎたのか、それとも巻上げに遅れてサメの餌食か。活性高そうだし、と5号ハリスに。またすっぽ抜け・・・。ようやく上がったのは、20cmほどのイシダイ(後にリリース)。次のヒット、やっぱり巻上げ中にプツン・・・。なんと、5バラシ!細ハリスを切られないようにやり取りするマダイ釣りが、今日のは全く別物、すっぽ抜けかサメかのスリル。アタリが多くて楽しいが、こりゃー参ったなーと思いつつ、回収早巻きするとヒット。慌てて高速巻上げに変更。やった、ついにマダイ取り込み、7か月ぶり、5連ボ回避!

途中1時間ほどの沈黙とソウダの猛攻はあったものの、アタリは頻繁。喰い込ませて電動ONのタイミングをなんとか見つけて、マダイ・イシダイを追加する。が、サメに献上する数のほうが多い。それともテンションのかけ過ぎかの思いが頭をよぎる。と、出たー、頭とハラワタだけのマダイ。サスペンスだ。しかも、とほほほ、このアタマが取り込んだどのマダイのより大きい・・・。なるほど、型が良いほど巻上げ速度が遅く、サメにやられやすいわけか。準備のハリスも底をつく。切れたハリスに針をかける、4回も。帰港中に思う、速度一定モードでやればよかった、テンション一定でなく。後の祭り。

船中3-10。つまりスソ。だが久しぶりにマダイを拝めて気分上々。イシダイも釣れたし。ずいぶんサメに献上したが、面白い釣りだった、スリルとサスペンスが。

BJSミヨシ 40-255+B、電動丸1000SP PE3号
夢の天秤、サニービシL80号、クッション1m
ハリス3号7m、2.5号6m2本針、5号7m、テーパー6号6m+3号3m、4号6m3本針、等々