2009年12月30日水曜日

2009年竿納め

2009年12月29日(火) 大潮

はら丸 8時船
洲崎沖 水深 160m-200m
曇り時々晴れ 北風 12mのち3m
波2mのち1m

ヤリイカ 2杯 30cm
スルメイカ 3杯 35cm

29日か30日かと迷い、天気予報とにらみ、29日のほうがベターと判断。これが大失敗。洲崎沖に着いてみるとビュービュー吹いていた。後確認12mの強風。今日30日は晴れで3mの風、凪だったろう。ミヨシ3番の左舷には8名。移動中も実釣中も時折波しぶきを浴びる荒行になってしまった。この一年を象徴するかのような釣行だった。

今日で得心した、手持ちの中古プラヅノは全て捨てよう。中古品には全く乗らなかった。乗ったのは全て新品。二流しを中古で開始、左右の常連さんが3-4杯掛ける中、こちらに乗りなし。出船前女将から購入の新品に交換すると2杯。サバに3針もぎ取られた後、再び中古に。全く乗らず。残り2時間でしびれをきらし、船長から新品購入。3杯追加。まだ使えたが、ラスト1時間はあえて中古で挑戦。ダメ。これほどまでに新旧で明暗がはっきり分かれたのは過去になかった。一度イカになりたい、どういう風に見えているのだろう。

もう一つ。強風にはツノ数減らせ。自作は7本針。投入時に竿に絡む。右舷なら隣の人にマツったろう。購入品は5本針。これだと絡まない。もっと本数の多いものも備えているが、大女将も船長も今日の状況から少ない本数のものを勧めたのだろう。一荷が少なく一杯ずつの拾い釣り状況下では手返しの良さから却って5本針のほうが効率的だ。

船中3-15。2回続けてのイカ貧果で今年は終わり・・・。帰港中沖干しスルメを回収していると、遠くの江の島が次第に大きく見えてくる。すっかり凪て、滑るように船が疾走する。そんな順風満帆とまでいかなくとも、先日鹿島でみた日の出のように、来年はありたいものだ。

BJSヤリイカ乗り調子165+B
電動丸1000SP PE3号
ヨリトリリング 中錘なし のち10号
中古 11cm7本針 14cm7本針
新品 11cm14cmミックス5本針 14cm18cmミックス5本針
錘120号