2013年12月29日日曜日

沈黙の久里浜沖

2013年12月29日(日)釣行 中潮
ムツ六釣舟店 21号船 右舷胴間(右7、左7)
7:00出港 14:30納竿 14:40帰港
久里浜沖 水深60m前後 波0.5m
晴れ 北西後北東の風 3-5m

マダイ 0
オニカサゴ 1匹 25cm贈呈

正月用のマダイのご下命。剱崎や相模湾は日並が激しい。八景の船も向かう久里浜が比較的安定しているようなのでムツ六に。そう言えば今年久里浜には来ていなかった気がする。

ラインが船下にくぐる不利な釣り座。潮の流れは緩慢なのだが、なぜかオマツリが多発する。おまけに、左氏は海面からのタナ取りを無視して海底までビシを落とし、ガチャガチャとコマセを撒く。さらに、右氏はワラサ狙いなのか、指示棚のはるか下、海底付近を探ってはサメばかり釣る。これではマダイは船下に寄って来ない。早々に苦戦を予想。クッションを連結し、がん玉を装着、ハリスを延ばして、少しでもマダイに届かそうとする。せっせと打ち返すも魚信なく、虚しい時間が過ぎる。ポツンと喰ってきたのはオニカサゴ。ハリスを延ばし過ぎたかと苦笑い。旨い魚だが、持ち帰っても家のオニがうるさい。ガチャガチャの左氏に贈呈。こういう日でも久里浜の船は頑としてポイントを移動しないので飽きてくる。打つ手なしで納竿。船中2枚(「本船」船中6枚)の劇渋尾を選んでしまった。これで釣り納めの予定なのだが…撃沈。

BJSミヨシ255+B フォースマスター2000 PE3号
プラビシFL80号:いつのまにかFL推奨に変わっていた。コマセが一人3kgまでなので、ちょうどいいこともあるが、潮の影響を抑えられる効果があるという。
天秤70cm、クッション1.5m+1m、6号6m+3-4号4mテーパ2本針