2013年12月31日火曜日

反撃の富浦沖

デカいスズキやアジではなく、
主役は小さくともマダイ
2013年12月31日(火)釣行 大潮
庄幸丸 3号船 右舷ミヨシ2番(右5、左5)
6:00出港 12:30納竿 13:00帰港
富浦沖 水深75-80m 波2m
晴れ 西の風10-6m

マダイ 1匹 25cm
カイワリ 2匹 20-23cm
マアジ 3匹 30-35cm
スズキ 1匹 58cm
ホウボウ 1匹 25cm
ソウダ リリース

「どないすんの?!」と上さん。「いや~渋かった、オニカサゴは釣れたけど…」とジャック。「もっかい行っといで、マダイ釣って来るまで帰ってこんでええから」冷え冷えとした声色。29日沈黙の久里浜沖から帰宅後の会話だ。翌30日の連釣は体がきつい。一日置いて31日に再度マダイ狙い。神奈川県下の船宿は軒並み休み。千葉県下では大晦日にも営業。外房のひとつテンヤも考えたが遠くて気乗りしない。内房勝山港の庄幸丸へ今年最終日に初釣行。風予報が悪く、好調なヤリイカはお客なし。正月用に皆欲しくなるのか、マダイ船には10人が乗り込む。波高くしぶきかぶりながポイントへ。

右隣氏が良型アジを釣る。底からのタナ取り、指定ハリスは6~8m。用意したハリスは全て10m。海面からのタナ取りでビシを浮かせてマダイに喰わせる仕様なので、底からのタナ取りには不向きだ。コマセに同調させやすいように8mにカット。35cm級のアジや小型カイワリがポツポツ釣れる。狙いはマダイだが、アタリが頻繁にあるのはやはり楽しい。コンコン引くからまたカイワリかと巻き上げると、海面に顔を出したのはマダイ。小型ながら任務達成に肩の力が抜ける。中盤、この日一番竿を曲げて、良型マダイを期待したが、海面を割ったのは人生初スズキ。終盤は喰い渋ったが、五目釣りを達成して納得の2013年竿納め。

BJSミヨシ255+B フォースマスター2000 PE3号
天秤70cm プラビシL80号 クッション1.5m
6号4m+3-4号4mテーパー1-2本針