2013年12月8日日曜日

イ組三兄弟

窮屈なクーラーから引き出された
イシダイ、イナダ、イサキのイ組三兄弟
2013年12月7日(日)釣行 中潮
育丸 大船長船 右舷トモ1番(左3、右3)
7:00出港 13:45納竿 14:00帰港
剣埼沖 水深30-45m 波1m
晴れ 北北東の風7-1m

イシダイ 5匹 17-30cm
イナダ 7匹 40-50cm
イサキ 3匹 20cm

月例仕立てに久しぶりの参加。好調イシダイを狙う。棚20m前後幅5mの指示棚を下から上へと誘う。ゆっくりというかノロノロと動かして、エサ取りを避けつつイシダイだけに追わせるイメージだ。一投目からアタリはあるがエサ取りなのか、イシダイなのか判別は難しい。潮がトモからミヨシに流れており、ミヨシ寄りではポツポツ釣れるが、トモでは左右とも厳しい。それでもコマセをあまり撒かない誘いで、なんとか3匹の中小型を釣り上げたところでポイント移動。

育丸Webから。嬉しい工夫の追釣
沖合のやや深くなったポイントでは、ミヨシに向かう潮がさらに強い。15号、25号と増し錘を足して都合120号相当にして、吹き上がりとオマツリを避ける。イサキが釣れる。続いてコマセに寄ってきたイナダが釣れ盛る。一体どれほどのイナダガ湧いているのか、船の前方にナブラが見える。避けるべくコマセを撒かずに置き竿にしていても喰いついてくる。ならばと、イナダの回遊層の下、指示棚の下半分で早めに短くシャクってコマセを撒きながらイシダイに追わせてみる。良型2匹が喰いついてきて、してやったり。

沖上がり前1.5時間ほどアオリイカも狙ってみたが船中アタリなし。この日ア組には縁が無いらしい。多すぎるイ組3兄弟に満足な釣行。

ソリッドマスター30-180 + フォースマスター2000 PE3号
天秤40cm、プラビシL80号+15号+25号増し錘、3‐4号3.5mグレ8号2本針