2015年1月25日日曜日

冬場釣行の幸せ

3時間とはいえ貧果のウィリー。
引取手探し不要が嬉しいのか
寂しいのか…
2015年1月25日(日) 釣行 中潮
忠彦丸5号船 左舷ミヨシ1番(左9、右9)
7:30出港 11:00納竿 11:15帰港
横須賀沖 水深30m 波0.5m
晴れ 北東の風 4-7m

マアジ 8匹 20-25cm
イシモチ 1匹 28cm
シロギス 1匹 17cm

土曜に釣行、日曜のんびり。これが理想。週末の一日はアイロン掛け等家事が欠かせなくなったが、一年もやっていると慣れた。先週は土曜出勤。こうなると日曜釣行もできなくなる(T_T)。今週の土曜は、お上の友人が一回忌の焼香にきてくれた。不在にするわけにもいかない。日曜釣行に。翌日を考えると近場になる。ヤリイカやマダイが好調だが、これらの一日船は冬場出港時間が遅い。帰宅も16~17時頃になる。洗濯・風呂・清掃を済ませると、調理や食事をのんびりできない。こういう時は午前船が良い。走水港のビシアジも考えたが、何か混じりそうな金沢漁港のLTウィリーへ。久しぶりだ。

ウィリーは釣れすぎて処分に困ることが多い。10匹あれば充分、余りは同乗者に引き取ってもらおう。などと考えていると、…渋い。ウィリーでタナを広くリサーチするというより、タナを固定したアジ釣りそのものだ。コマセがユニークで、イワシミンチとアミエビのミックス。潮はほど良く流れているが、水色が悪いからか、喰いが立たない。タナを50cm刻みで変える。ハリスを細める。長さも詰める。イソメをこまめに新鮮なものに替える。などなど、あの手この手を駆使しても、ポツンポツンでようやくツ抜け。余りを配るどころか、持ち帰り目標に達するのがやっとで苦笑いの納竿。

12時半に帰宅。貧果を写真撮影、とりあえず冷蔵庫へ。洗濯しながら、釣具一式を浴室へ。湯船に浸かる。冷えて固い体が急速に温まりゆるむ。冬場釣行の最高に幸せな瞬間だ。午後のゆったりした時間が嬉しい。

シマノ BJSマルイカ直結M165+B改 + 1000SP PE2号
天秤30cm プラビシFL60号 クッション50cm後外す
2号3.5m3本針 ⇒ 1.5号2.5m3本針