2009年1月25日日曜日

ヤリイカのりのり

2009年1月25日(日)
忠彦丸 1号船
洲崎沖 130-180m
晴れ 強風 波3m 

シマノBJS ヤリイカ乗り調子165+B
シマノBM PE6号
ヨリトリリング、中オモリなし、120号
ピッカピカオーロラ11cm他7本 ブランコ
ハリスイカスペシャル 幹5号、枝3号

ヤリイカ 19杯 20-30cm
スルメイカ 7杯 30-35cm
喜平治丸に行くつもりが遅くなったので途中で変更、最近ヤリ・スルメ・マルを始めた忠彦丸へ。右舷ミヨシ。昨日はどこも釣果が芳しくなかったようで、見送り正解。今日は少しは風が治まると良いのだが・・・。それにしても八景から洲崎は遠い、1時間半ほどかかる。中の瀬へは遠すぎていけない。観音埼を過ぎたとたんに波が高くなった。洲崎は2mのうねり、ときおり3mほどある。結局一日中治まらず、最悪のコンディション。船酔い、初おう吐。

にもかかわらず、FFTで仕入れたオーロラ+イカスペハリス、のりのり。一投目、二投目ともズシッ。が巻上げ中にバラす。サバにもふりおとされる。波の上下に応じて竿でテンションを調整した三投目は成功、いきなりヤリイカ三点掛け。周囲はそれほど巻き上げていない。乗りの違いは、仕掛けの違いによることを実感。周囲がスルメ主体なのに対して、ヤリイカが多いのもおそらく仕掛けの違いによるものか、底を丁寧に探った効果もあろうが。最高で4点掛け(スルメ3杯+ヤリイカ1杯)、重さが心地よい。この竿では弱いか、スルメ直結用が欲しい・・・。

終盤、船のバッテリー低下で電動動かず。ちょうどよいかと船酔い休み。最後の二投だけ手巻きでやったが170mはきつい。それでも一杯ずつ追加。うねりが強くなり、若干早めに沖上がり。船中7-37。トップは別格だったので平均は10台だろう。この状況でヤリ・スルメあわせて26杯は大満足。FFTに感謝。

状況の良い日に直結でも楽しみたい。が、「こんなにどうすんの、もうイカはいらん。」と上さんに釘さされる。う~ん、釣れたら下船時に同乗者に配るか・・・。