2010年12月19日日曜日

天気も釣果も寒いが満足な半日

プリッとした落ちギス♫
2010年12月19日(日)釣行
進丸 8号船 午前シロギス
中の瀬 水深20-30m 大潮
曇り 北の風5-7m 波1m

シロギス 11匹 17-23cm
トラギス、イイダコ混じり

タイもヒラメもヤリイカも確保した。アマダイやアイナメが面白そうだが、いらぬと上さん。冷凍庫もパンパン。嵩張らないシロギスが良い。ひとつテンヤの始まりはシロギス竿を流用していたという。逆にひとつテンヤ竿をシロギスに流用できるのではないか、試してみよう。ピンギスが釣れれば、タックルはそのままに泳がせてみるのも面白いかも。てなことを考えながら、進丸の左舷ミヨシに乗り込む。荒川屋でシロギス大会をやっているからか、釣り人5名と空いている。

始めの三流し、胴突き仕掛け。さっぱりアタらず。天秤仕掛けに代えてようやくポツリポツリと釣れた。ほとんどが20cm以上の良型なので引きが楽しい。ひとつテンヤの癖か、ついつい即合わせして、2回に1回はすっぽ抜ける。もったいない。一呼吸おいて合わせると、呑みこまれている。う~ん、下手だ。丘では晴れているようだが海上は終始、曇り。北風が強く、寒い寒い。船下にくぐり込む潮で広く探れない。が、長さのある竿なので船下に入り込んでも取り回しはきく。15号ではフケ上がるので20号に代える。後半試したライブバイト赤にも喰ってきてなんとかツ抜け。泳がせる15cm以下のキスは結局釣れず。トップの33に対して11匹はいかにも少なく、多分スソだろう。が、捌くのにも食すにもちょうどいい数で型良く、満足。

11時半帰港、渋滞もなく12時半には帰宅。この手軽さが良い。金・土とロクなことなく・せずで文無しの上さんはフテ寝中。代わって猫のように魚好きの愛犬どもがいつものように玄関で大歓迎。焼いて食わせてやろう。

シマノ 炎月ひとつテンヤ240MH、 シマノ 炎月C3000HMGS PE0.8号
胴突き1号2本針、天秤0.8号2本針、錘15-20号