2010年12月26日日曜日

天気晴朗なれど波高し

「敵艦見ゆとの警報に接し、連合艦隊はただちに出動これを撃滅せんとす。本日天気晴朗なれど波高し」ロシアバルチック艦隊との「皇国の興廃この一戦」に挑んだ東郷平八郎の打電だ。表題の一文は秋山真之がつけ加えたという。丁字を含む戦術・勝算は明確なれど、困難や障壁は避けえずという心境だったろうか、見事に表現されている。彼の決戦前の自信と不安、高揚と冷静に思いを馳せる。

この打電は(1905年)5月17日、日本海(国際的には対馬海戦と称されるらしい)でのことだったが、(2010年12月)23日以降、東京・相模・房総の各湾もまさに「天気晴朗なれど波高し」だ。毎日晴れ渡るが風が強い。出船中止か早上がりが多い。釣果も低迷、船宿は恨めしかろう。天皇誕生日が今年は木曜で、休暇を入れて4連休としたものの、今日まで釣行見合わせ。24日(金)は休暇を返上して出勤、トラブルに備えた。明日(月)には波風やや収まりそうなので、休暇を取戻して行ってみるか。連合艦隊とは違って俺の場合「天気晴朗波風低し、おまけに潮も良し」でないと勝利は覚束ない…。