2015年5月17日日曜日

三犬苦闘、二号未着

マーガリンは若いが
保護者は俺じゃあない
15日(金)は懇親会で深夜就寝。16日(土)いつも通りクロベエのけたたましい吠え声。ただし、3時半、普段より1時間早い。まだ酒の残る頭をたたきながら、よろよろと1階に下りて「やかましい!」と一括、黙らせる。黒幕はマーガリン。こやつが目覚めてうろつき人恋しいと鳴き出すと、クロベエが反応して吠え始め、大合唱になる。クロベエは中耳炎で耳が遠くなり、吠え声も大きい。後ろ足が震える15歳以上で最近は10分の散歩も後半ノロノロするからあまり先も長くはないだろう。

咲き誇る雑草と老いたクロベエ。
これからまた抜け毛が止まらない…
クロベエが死ねば、この家も売却、小さなマンションに引越して気ままな一人暮らしだ。マーガリンはまだ先が長いが、飼い主は次男Kだ。今は面倒見てやっているが、クロベエ死後はもう知らん。クロベエもマーガリンも元々おとなしかったのだが、末娘でやんちゃなココが来てから、触発されてやかましくなってしまった。物音に敏感ですぐ鳴くから、他2匹のセンサーだ。飼い主はKの嫁Aだから、こちらもクロベエ死後はもう知らん。ともかくこの3匹から解放されないことには安穏とした暮らしにできない。

黒いのがココ。唯一血統。
Aが4時半に起き出した。普段より2時間も早い。陣痛がきたらしい。あらかじめ準備してあった荷物を抱えて、病院に送る。娘HとKも起きて車に乗り込んできた。病院ではいずれも何の役にも立たないのだから、家にいればよいものを。バイクは役に立たぬから車の免許にしろと諭したのだが、言うことを聞かない奴はどうしようもない。未だに俺が面倒見ることになる。そういえばバイク代や免許代もいつになれば戻ることか…。朝食を食べていた6時半、Aから電話。陣痛が止まった、というか元々陣痛でなかったのだろう、で迎えに。入院させてもらえず、家で待機することに。アメリカなら破水させて陣痛を起こさせるのだが、日本ではあくまで自然破水を待たせる。非合理的な国だ。孫2号の誕生はおあずけ。

夜中の3時半から3時間でこれほどドタバタする日も珍しい。17日(日)には天気もいいし、釣りに行こうと準備。日焼けしながら、のんびりマダイを釣る計画。K一家が皆また実家へ移動した。また釣行前に犬どもと格闘しなきゃならんが、早く起きれば何とかなるだろう。掃除とアイロン掛けも済ませ、早めに入浴して晩酌。ふと目にしたハガキで思い出した。車検が来週切れる。ううう、17日じゅうに予約手配しないとやばい。釣行断念。

17日(日)。4時半の吠え声を無視して5時半起床。もったいないほどの良い天気だ。シーツを洗濯、掛け布団を干して、薄い夏用に交換。車検の相見積もりを取り、サービスの良いところに予約。ついでに、自動車税や固定資産税の支払いも済ます。ううう、もったいない時間の使い方をしてしまった。犬どもやK一家から解放されても、こうした自責を残さぬようにせねば。