2015年5月3日日曜日

プチ遠征 西行編

アカムツを赤いまま持ち帰るのは難しい
2015年5月2日(土)釣行 大潮
福徳丸 左舷ミヨシ1番(左3、右3)
5:00出港 13:00納竿 13:30帰港
御前崎西沖 水深160-240m
晴れ 風2-3m 波0.5m

アカムツ 6匹 27-35cm
アマダイ 2匹 30-45cm
カサゴ 多数リリース

帰りに富士川SAにて
連休だ。遠征だ。銭洲や伊豆諸島など本格的な遠征釣行してみたい。だがそれを検討準備する時間的余裕がない。プチ遠征がお手軽で十分だ。東の波崎・外川への宿泊釣行は何度か行った。今回は西の福田へ。連釣は準備や身体がきついので計画せず、釣行後に一泊して楽に帰る計画。掛川・袋井インターまでは遠い。日が悪かった。連休初日の東名下りは大井松田まで混む。30分ほど長くかかったが出港前に余裕の到着。しかし夜中出発するぐらいなら、前泊した方がずっと楽だ。次回は前泊にしよう。

日の出はどこにいても気持ちいい
釣り物はアカムツ。福徳丸には過去2回満足な釣行をさせてもらっている。今回はシーズン始めで難しいだろう。出船前の船長は、群れがまだ入ってきていない上に潮が悪くて厳しいと正直だ。福田漁港を出て東、御前崎方面へ。過去2回は西の天竜川沖だったが、今は田植えの影響で濁りと汚れがひどいらしい。一流し目で船中初のアカムツを釣り上げたが喰わせるまで時間がかかる。案の定その後は、沈黙の時間。時折アマダイが、しかも40cm超が楽しませてくれるが、カサゴの猛攻に手を焼く。ポイントをあちこち探ったり、流れぬ潮に対して船で引いたり、船長もなんとか釣らせようと懸命。この日は貸し竿が多いので尚更だろう。

広い港に漁船がぎっしり福田漁港
状況が一変したのは11時。それまで反応が見えていても喰わなかったアカムツが一斉に口を使い出した。潮の流れか濁りか水温か、何が変わったのかわからないが、怒濤の食いっぷりだ。海はワンダーランドだ。バタバタと追釣して、今回も大満足な釣行になった。船中4ー8。サイズは30cm前後が多い。これでも波崎よりも大きいのだが、ここでは小型の部類だ。なので船長をして、まだ群れが入ってこねぇ、と言わしめているらしい。

ルートイン浜松ディーラー通りは3月オープン。じゃらんで飛び込み予約したが安くて新しくて気持ちいい。ラジウムを混ぜた人工温泉もありがたい。夕に朝に一番風呂を満喫。夕食後はいつものようにコテン。朝食のバイキングも種類・味とも十分だ。近場の史跡でも回る予定だったのだが、早くも上り渋滞が発生するという。渋滞回避と魚の配布に朝から帰京。途中富士が美しい。いいプチ遠征になった。

ダイワ中深場H205 + シマノフォースマスター2000 PE3号
天秤50cm 錘200号 3-4.5m2-3本針吹き流し仕掛け