2015年5月31日日曜日

嫌なことだらけの・・・

26階眺望を撮り忘れ
隣接する寺から。古い
街に新しいタワーが浮ぶ
29日(金)は先輩二人の送別会。つらい宴会で深酒になり帰宅したのが23時。釣行準備万端なのでそれでも30日(土)には行くつもりだった。だがリビングテーブルの次男Kの置手紙で断念。土日嫁の実家に行くので犬当番代われと。まただ。毎度これで土日の予定が狂わされる。そもそも光熱費も家賃もまともに払えないのだから、犬当番を決められた通りこなすぐらいしか生活に貢献できることがないというのに。それもできないならあらかじめ交代を申し出れば、こちらの予定を急変させる必要も生じないのだが。そうした見えない影響があるということが想像できない、もしくは想像できても自分勝手なその日暮らし習慣が染みついている。捨てない・片づけないことによる物理的ゴミ屋敷化や経済的支援に苦労させられているだけならまだしも、時間的・精神的にもこの調子では、最早この生活は持続不可能ということか。待っても同じならクロベエの死を待たずして、家の売却と新居購入を進めることとしよう。

足元には古くからの
飲み屋が軒を連ね
飲食に困ることはない
金には困りそう…
朝晩の散歩をする羽目になったので土日の釣行は断念。3週連続無釣行で釣り方を忘れそうだ。土日の計画変更が忙しい。まず土曜はそれでも一旦早起きせねばならぬのが辛い。深夜に起こすわけにもいかないので、早朝に船宿へキャンセル電話。夜に予定していた会食も、夕方の散歩を考慮して時間変更してもらう。いずれも急な変更だが快く応じてくれたのがありがたい。日曜は朝から町内会あげて公園の草むしり。二年前までは上さんが参加していた。昨年は俺が参加、今年もそうだ。案内チラシはテーブルに置いてあったのだが、当然のようにKは無視、というか眼中にも念頭にも入らないのだろう。会費も払わないのだから、草むしりぐらいしか町内に貢献できることがなかろうに…。妻子3人を抱えてそんなことすら配慮せずにまともにやっていけるのだろうか。それとも俺の傘の下にいるからいつまでたっても甘いのか。

午後から夜にかけて予定していたマンション見学も、夕方の散歩を考慮して1件前倒し、もう1件はキャンセル。草むしりで吹き出した汗を風呂で流して急ぎ横須賀へ。26階からの眺望は期待以上で設備や狭さも期待通り。ここからなら三浦半島全域の港へも近い。価格も予算内だ。状況が状況だけに、即決・契約したい衝動に駆られる。こういう時でも冷静なもう一人の俺がささやく。まだ見るべき物件はあるし、ヨタヨタしていてもまだクロベエは健在で家の売却が先または並行だ。期待させた販売員を肩透かしにして帰宅。昨夜歌ったサザンの歌が頭から離れない。「♪嫌なことだらけの世の中で一人生きるのは辛いけど…」それでもなのか、だからこそなのか、俺は一人で暮らしたいし、その準備を楽しみ始めている。釣りもしなきゃ。来週は仕立てだ。キャンセルしない。そもそも今後は土日の土壇場交代は受け付けない。犬はかわいそうだが、Kがその責を感じるべきだろう。