2015年8月30日日曜日

さらばマーガリン

おつむは弱いが愛嬌があるマーガリン
「28日までに賃貸契約を済ませて、引越日を決めておけ。」家賃滞納3か月が経過したので、本来今月31日までに退去を済ませておく契約なのだが、まるで行動が伴わない次男K一家。売却の下見に来た不動産屋に「今のまま内覧してもらうと買手が…。ご主人の部屋のようならいいんですが…。」と、予想通りこのゴミ屋敷っぷりでは買手がつかない旨指摘されるに至って、2週間前「出来ていなければ、29、30日に俺が決めて契約させるぞ。」と強制執行にかかる旨宣告した。案の定28日になっても、ネットで2件ほどリストアップしただけで、不動産屋に行ったわけでも、物件を見たわけでもない。この行動力の無さと責任感の無さはさすが平成モノという感がある。29日朝から不動産屋へ連れて行く。あとは放っておいても不動産屋があれこれ引き回して契約につなげるだろう。背を押すどころか、首に縄をつけて引っ張らないと動かない。ほとんど犬だなと我が子ながらあきれる。

孫二人とは時々
会えばそれでよい
犬と言えば、先週21日夕から今週24日朝にかけて、次男Kの犬マーガリンも嫁Aの犬ココも放置したまま、何も言わずに出掛けたK一家。しょうがなく残された犬どもの食事・水・糞尿始末を3日に渡って面倒見る。「生きているんだぞ。それぞれ自分の犬は責任もって面倒見ろ。見れないなら里親探すなりしろ」と一喝。犬が2匹もいるとなかなか借りれる物件がないことにもようやく気付いたらしい。もともと愛着がなかったであろうマーガリンの里親を、Aがとっとと見つけてきた。ココだけ連れて引っ越すと言う。Kは不満らしいが行動力のなさを補う意味ではいいペアなのだろう。1日(火)に引き渡すがトリミングが条件。ところがその金がないらしい…。「餞別代りにトリミングしてやる」とRさんに連絡、今日30日を予約する。かわいいとか可哀そうだと言うばかりで面倒見ないKよりも、里親にもらってもらったほうがマーガリンも幸せだろう。

世話になったトリミング点の
看板犬ひよりとも今生の別れ
そんなこんなで棒にした土日。相模湾をキハダが跳ねながら待っているというのに…。とは言え、俺の引越には家の売却が必要で、売却には家のクリーニングが必要で、クリーニングするにはまずゴミ屋敷一家の引越が必要だ。年内に済ませるだろうか…。孫たちと別れるのは寂しいが、この一家を扶養するために俺のセカンドライフがあるわけではない。一緒に暮らしたいと言っていた上さんが一年しないうちに別々に暮らしたいと言いだしたのもわかる。生活習慣や価値観が違い過ぎて同居不能なのだ。14年4月には出ていく予定だったのに、惜しむらくは3か月をなぜ待てなかったのか…。あれから早1年半以上たった。人の言うことを聞かないから、仕事も生活も変えられないのに、子供だけ増やす。その行動力と責任感や危機感の欠如は、もはや大したものだと言うべきなのだろう。